江戸時代の食文化と味の素ジーノを考えるサイト

江戸時代の食文化と味の素ジーノを考えるサイト

トップページ

日本の食文化の基本は江戸時代に出来上がりました。
魚や野菜を中心にした料理。
コメやそば等の主菜。
醤油や味噌等の調味料。

そんな江戸料理を紹介します。

味の素ジーノを皆さんイメージされているでしょうか?

人類がよく薬味などで使うあの企業が作っている
アミノ酸体の手入れを押さえた化粧品の品名の名称です。

我々の体の2割はアミノ酸で作れています。
主に、筋肉や消化管、内蔵や血中のヘモグロビン、
ヘアーやお肌のコラーゲンを形成している成分です。

この成分が低減すると、実態面では直ぐ疲れてなったり
風邪をひき易くなったり、抵抗力が活動的でなくなります。

美容的にも、髪に艶が無くなったり、切れ毛や枝毛がアップしたり、
肌も濁ってしまったりぶつぶつがなかなか治ら存在しなかったりと、
幸せな出来事はひとつもありません。

献立から摂ったアミノ酸は、主に体の内臓に取り入れられるので
どのようにしても、毛髪や肌にまでその効果が得られません。

味の素ジーノは、なかんずく美容に眼差しを向けて考えられています。
毛髪や皮膚にストレート届くようにアイデアされています。

頭髪や顔の他にも、身体の中に使えるものもあります。
総合的にアミノ酸を手に入れたい方には、健康補助食品がおすすめです。

からだの手入れから、メイク、ヘアケアなど広範囲の商品に
アミノ酸を配合しています。ご自分の目的に応じて
味の素ジーノで、アミノ酸を服用してみてはいかがかと思います?